がんにはシイタケで対抗|動脈硬化はサプリで簡単操作|操り人形にはならない
女の人

動脈硬化はサプリで簡単操作|操り人形にはならない

がんにはシイタケで対抗

サプリ

シイタケに含まれる栄養体

シイタケ菌糸体とは、シイタケに含まれている糸菌状の栄養体のことです。レンチナンやベータグルカン、アルファグルカン、バニリン酸、シリンガ酸等といった成分が含まれており、摂取すれば免疫力を向上させる効果があるとされています。そして、その効果が近年、高い注目を集めています。シイタケを食べればシイタケ菌糸体を摂取できると考えてしまいますが、そうではないのです。シイタケ菌糸体が存在しているのは、シイタケの根の部分です。我々が食するのはシイタケの笠の部分ですし、スーパー等で販売されているのは茎までですから、シイタケ菌糸体を摂取することは、通常では不可能です。しかし、シイタケ菌糸体を抽出した製品がありますので、それを購入すれば、摂取することは可能となります。

免疫抑制細胞の増殖を抑制

シイタケ菌糸体の免疫力向上効果が高い関心を集めている理由は、がんに対して有効だからです。がん細胞は健康な人でも体内に存在し、また、がん細胞を攻撃する免疫細胞も誰にでも備わっていることから、がんの発症は免疫力の低下が原因だと判明しています。では、どうして免疫力が低下してしまうのかいうと、体内には免疫抑制細胞という細胞も存在していて、その免疫抑制細胞が免疫細胞の働きを弱めてしまっているからなのです。つまり、がんの発症には免疫抑制細胞の増殖が深く関係しているのですが、その増殖をシイタケ菌糸体には抑制する能力が備わっているのです。そういったことですので、がん患者にはシイタケ菌糸体の摂取が非常に有益であり、また、がんの発症予防にも有益となりますから、高い関心が集められているのです。