集中力の低下を招く症状|動脈硬化はサプリで簡単操作|操り人形にはならない
女の人

動脈硬化はサプリで簡単操作|操り人形にはならない

集中力の低下を招く症状

眼頭を押さえる男性

目を酷使することで起こる

眼精疲労は、パソコン操作や読書など長時間連続して目を酷使することで、様々な不快な症状が現れます。主な症状には目の痛み、ドライアイ、目のかすみ、充血などがあります。ひどくなると吐き気、頭痛、肩凝りなども起こります。これらを放置しておくとさらに集中力の低下や全身疲労などに発展しやすいので注意が必要です。眼精疲労の予防には、室内光を調節したり、パソコン操作は1時間続けたら10分休憩して窓の外の景色を眺めるたり、目の周りを温めることなどが有効です。視神経の働きを活発にするビタミンB群や、網膜に存在光の明暗を感じるロドプシンを作る原料になるビタミンA、優れた抗酸化作用を持つルテインをサプリメントで摂取することも効果的です。

ブルーベリーを食べて改善

眼精疲労や疲れ目の改善にブルーベリーが効果的なことが分かっています。昔からヨーロッパではブルーベリーの目の諸症状に対する効果の研究がすすめられています。ブルーベリーに含まれているアントシアニンという青紫に色素に、目の働きに重要なロドプシンの再合成作用を活性化する働きがあることが分かっています。ロドプシンが光をキャッチするとビタミンAに分解されますが、その後また再合成され、人はこの繰り返しにより物を見ることができます。目を酷使するとロドプシンの分解・再合成の循環が悪くなるため、目が疲れやすくなり、物がかすんで見えるなどの症状が現れます。ブルーベリーを食べてアントシアニンを補給することで、ロドプシンの再合成作用が回復して眼精疲労を改善できるのです。