ウーマン

動脈硬化はサプリで簡単操作|操り人形にはならない

集中力の低下を招く症状

眼頭を押さえる男性

眼精疲労は、パソコン操作や読書などで長時間目を酷使することで目が疲れてしまう症状のことをいいます。ビタミンA、B群や、ルテインをサプリメントで摂取することで予防できます。また、ブルーベリーアントシアニンも眼精疲労に効果的なことが分かっています。

もっと読む

脳卒中、心筋梗塞の予防策

メディシン

アディポネクチンのすべて

現代病とも言われる動脈硬化はサプリで予防することが出来ちゃいます。血液をサラサラにする効果があるのでオススメです。

有意義な方法

脳卒中や心筋梗塞といった命に関わる病気は、動脈硬化が引き金となります。その動脈硬化は老化現象ですので加齢に伴い進行してしまうのですが、進行には生活習慣も関係しています。中でも深い関わりがあるのは食事で、塩分や脂質、糖質が多く含まれている食べ物を好んで多く食べると、進行が速まります。逆に、青魚や玉ねぎ、納豆等といった食べ物は動脈硬化を予防、改善します。ただ、動脈硬化が怖いからといって、あまりにも厳しい食事制限をしてしまうと、食べる楽しみが失われてしまいます。メニューを工夫すれば良いという考え方もありますが、それは中々、難しいことです。一方で動脈硬化は無症状なので、どれくらい進行しているのか自覚できませんから、念入りに注意する必要があります。そういったことを踏まえると、食事に気をつけつつ、サプリメントを使用することが有意義だと言えます。実際、動脈硬化の予防、改善にサプリメントを使用している人は多くいます。

発生原因から考える有効性

では、どういったサプリメントが有効なのかというと、動脈硬化の発生原因を紐解けば、自然と分かることとなります。発生原因の大元となるのが、悪玉コレステロールです。悪玉コレステロールが酸化し、マクロファージに取り込まれ、マクロファージが泡沫細胞になり、動脈壁に蓄積することで動脈硬化は発生します。悪玉コレステロールは善玉コレステロールによって回収されますので、善玉コレステロールを増やすビタミンEのサプリメントが有効です。ビタミンEには抗酸化作用もありますので、その点においても有効です、また、ビタミンB6、B12、葉酸は悪玉コレステロールの酸化を阻止する一翼を担っていますので、それらのサプリメントも有効です。善玉コレステロールは、中性脂肪が増えると減ってしまいます。中性脂肪を減らす働きをするのが、DHA・EPAのサプリメントです。

大量生産できる

栄養補助食品

「ユーグレナ」は細胞を若く保つ効果があり、健康を意識する人に最適です。取り入れるといつまでも元気でイキイキとした生活を送れます。効果を最大にいかすために、成長ホルモンが盛んになる就寝前に摂取しましょう。

もっと読む

がんにはシイタケで対抗

サプリ

シイタケには、シイタケ菌糸体と呼ばれる栄養が含まれており、摂取することで免疫力を向上させる効果が得られるのです。そのため、最近では多くの人から注目されています。最近では、シイタケ菌糸体を取り出した製品も数多く販売されいます。健康維持のために積極的に摂取しましょう。

もっと読む